12.10.2018

本村Hedsが2年続けて決勝へ進出!



準決勝の「BabeRuth 対 本村Heds」の戦い。
麻布運動場で行われました。

昨年も準決勝で対戦したチーム同士。
結果は本村Hedsの勝利となりました。

ワイルドカードから勝ち上がってきたBabeRuthでしたが、ついにここで敗退です。


いよいよ、2018年のファイナル。

「ボード 対 本村Heds」
南西エリア同士の対戦となりました。

本村Hedsは昨年の覇者。
勝てば連覇となります。

昨年のボードは準決勝で最終回に3点差をひっくり返されての逆転負け。
その悔しい思いを晴らすための再チャレンジで、決勝進出です。

熱い戦いになりそうです。


11.27.2018

まさしくGreat Again という呼称にふさわしい試合でした



2010年 EPERTS 3位
2011年 EPERTS★優勝 S・Dodgers 2位
2012年 S・Dodgers★優勝
2013年 EPERTS★優勝 S・Dodgers 2位
2016年 S・Dodgers★優勝 EPERTS 3位

R270をスタートさせて9年。
この両チームがどれほどの強豪であるかのデータです。

念のために繰り返しますが、本日は下位のトーナメント。
<Great Again>の決勝戦。

「時代は変わる」

そんな歌が浮かびます。
でも歌うのは「時の流れに身をまかせ」かな。





投手戦を予想してました。

ところがふたを開けてみると…
最後は逆転満塁ホームランが飛び出して…

9 - 7

大熱戦でした。





それにしても両チームともに楽しそうでした。

S・DodgersはChampionship優勝時以上の喜びよう。
「面白かったでしょ?」はEXPERTSのコメント。

「Great Again」

強いチームではなく楽しいチームとして復活!?

草野球の面白さは奥深いですな〜。




11.13.2018

ベスト4の組合せ抽選が完了



Championshipでのベスト4。

組合せ抽選です。

血も涙もない「あみだくじ」で決しました。

「引くときに思わず手が震えます」と、
過去に誰も言ってませんが、きっと痩せ我慢でしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●準決勝 A組
ボード vs Guts

●準決勝 B組
本村Heds vs 「Dutch - BabeRuth」戦の勝者
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

優勝経験ありの本村HedsとBabeRuth。
立ちはだかる、ボード、Guts、Dutch。

さて、いよいよ2018年のクライマックスへ。

展開は…


11.12.2018

Great Againの決勝戦が決まりました



念のためにもう一度言いますが、
「Great Again」の決勝戦です。

そうなんです。
S・DodgersとEXPERTS。

この両チームはChampionShipの、それもベスト4の常連チーム。
2013年には決勝戦で対戦しています。

※history参照

なんの因果か、本年は奇しくも両チームともに下位トーナメントに降格。
しかし、さすがに腐っても鯛。
還暦過ぎても吉永小百合。

たいしたもんです。

まさに「Great Again」のネーメングにふさわしい対戦となりました。



※写真は2013年の決勝戦。え〜っと、電卓で計算したら全員5歳は老けました。


10.31.2018

Players Collectionはinstagramで展開



すでにご存知かと思いますが、
PLAYERS COLLECTIONは「INSTAGRAM」で公開しています。

「そんなもんやってないぞ」という方も多いでしょうが、
どうかご容赦ください。

→当ブログの右サイドに連動してますので、
そちらからご確認くださるとありがたいです。

なぜ「INSTAGRAM」かいうと、
1 文字情報を少なくして簡単にアップできる
2 海外からの閲覧者が少なからずいる
3 とりあえず流行りもんに乗っかりたい
ということでしょうか。

いつまで続くかわかりませんが、よろしくお願いします。



ちなみに写真↑は2000年代のはじめごろ。
ちょっと古いですがミャンマーの小学生の後ろ姿。

ヤンゴンのグランドで大人に混じって野球体験をしています。

その後ミャンマーの政情が激変したことはご存知のとおり。

現在、彼は四国アイランドリーグに加入し、
投手として活躍しています。



写真の楽しさは記録性。
そこに時が刻まれていること。

あなたの古い写真もアップするかも…


10.16.2018

ポストシーズンの開幕。Round-2が始まりました。



朝方の雨でヒヤッとしました。

各所で試合中止が続出するなか、本日の2試合は、グランドを変更したり、ぬかるみを避け面の方向を変えたりして、綱渡りで実施されました。

野球への情熱があればこそですね。


ボールボーイカップR270、Round-2のスタート。
MLB風に言えば、ポストシーズン。

負ければ退場のトーナメントでの戦いです。

いきおい、試合に対する集中力がアップ。
白熱した戦いとなりました。


さあ、次はあなたのチームの出陣です。




10.02.2018

Round-1が終了。Round-2がスタートです。



ものの見事に最後は台風にやられました。

30日に予定していた2試合が流れました。
西南エリアの進出トーナメントに影響を及ぼす大一番でしたが、残念ながら…

ま〜勝負は時の運とも言いますし、まして自然現象に恨みつらみをぶつけても意味ないですからね。

まずはお疲れさまでした。

ということで、Round-1が終了。

北東エリアの首位はDutch、西南エリアの首位はボードでした。

エントリー数の関係で両チームにはなんのアドバンテージも与えることができず恐縮です。
差し上げられるのは名誉と私の口づけぐらい。
よろしくお願いします。


さて、Round-2はトーナメント。
泣いても笑っても負ければラストゲームです。

がんばりましょうね。




9.28.2018

選手追加登録&登録情報の変更




<南西エリア> ボード

●背番号変更
 池上 → 18

●追加登録
 岡田2 23歳 右投左打 捕手
 松本9 21歳 右投左打 外野手 
 元田42 30歳 右投右打 外野手



9.25.2018

追加選手登録




<南西エリア> トーキングヘッズ

20 伊佐間 捕手 1991 右右



<北東エリア> BREAKER CATS

32 竹谷 内野手 1991 右右


9.24.2018

R270関連の試合をダブルで…



Round-1 <北東地区>

BREAKER CATS vs Dutch

小松川橋上流27面
10:00〜12:00

連休中の人数不足が懸念されるなか、
「とりあえず組んじゃいましょう」で準備された対戦。

なんとか頭数が揃い敢行。


BREAKER CATS。

全敗でも「試合ポイントを稼いでギリギリで上位トーナメント進出」を狙ってましたが、ついに力尽き果てました。

Dutchのベテラン〓賀沢投手の老獪なピッチングに軽くひねられ、赤面しながらグランドを後に…

顔を洗って出直します。





午後は荒川から江戸川に移動。

助っ人で 「J HEROES vs マッドドッグス」の練習試合に参加。

双方ともにR270にはご縁のあるチーム。
楽しくプレーさせていただきました。



9.18.2018

Round-1が大詰めです。張り切ってまいりましょう!




とんでもない暑さのなか、
ボーッとしながら8月が過ぎていきました。

草野球の大敵が梅雨から猛暑&台風に変わったことが
実感される今日このごろです。

さて9月も半ば。
いよいよRound-1が大詰めです。

9月30日の試合、22日までのマッチメイクをもって
Round-1の終了とさせていただきます。

つきましては、対戦のできなかった試合の扱い。
「引き分け」「不戦勝・敗」「No Game」の3つの選択肢がありますが、
以下のように扱わせていただきます。

●試合が組まれていたのに雨天中止の場合は「引き分け」
●試合が組まれなかった場合は「No Game」
●どちらかのチーム事情で組めなかったものは「不戦勝・敗」

すでに確定しているものはお知らせください。

また当該チーム同士で判断に苦しむものはお知らせください。


しかし、BREAKER CATS。

全敗してもなんとかポイント数で上位に行こうと目論んでましたが、
もはや届きませんね。

「残念!」って厚かましいにもほどがあるね。

勝率5割以下なのに優勝したら怒られるよ。
でも面白いかも…

8.24.2018

埼玉県杉戸町にある倉松公園



対戦相手を募集しているチームがあったのでグランドを確認。

埼玉県の北部。

杉戸町にあるグランドです。

最後に行ったのは…  

10年ほど前になるでしょうか。

Yahooマップのリンクが外れていたので修正しました。

西南ディビジョンが混沌としてきました



「暑い、暑い」とぼやいているうちに状況がだいぶ逼迫してきました。

Southwestern、別名、西南エリアです。

上位チームと下位チームのポイント差がついているように見えますが、消化した試合数の差ともいえますから、まだまだ予断を許しません。

さて、終盤にむかい一試合ごとの価値が増します。

中華街へ近付けるのは上位の5チーム。

「暑い、暑い」が「熱い、熱い」に変わりつつあります。



8.19.2018

サイトには翻訳機能を付けたほうがいい



ホームページのタイトル周りを修正しました。

以前のものはシンプル。

今度のやつは本体のデザインに色味などを合わせました。


もろもろの不手際で半日がかりの作業になってしまいました。

ようやく、一段落

「さ~一杯飲みにいきましょうなんて言いたいところだけど…

明日は試合なので、早めに寝ます。


なぜだかわからないのですが、ここ、外国の方に時々読まれている気配があります。

翻訳して読んでいるのか、ただのアクシデントなのか。

別れたイタリアの彼女が未だに根に持ってるのかな〜などと妄想しながら寝ます。


チャオ!





8.18.2018

まずいぜ草野球。関わらないほうがいいよ



長いこと草野球をやっていると、ホントにも〜ろくでもないことの数々。

勝った負けた、打った 打たない、アウトだセーフだで大騒ぎ。

平日に溜めこんだ仕事の疲れに追い打ちをかけるような監督の意味不明の訓示。

追い打ちをかけるようなチームメイトからのそんたく100%の冷ややかな視線。

かみさんには怒鳴られ…
子どもには泣き叫ばれ…
親にはバカにされ…
仕事仲間にはあきれられ…
家を出た途端に地球の裏まで達しそうなほどの深〜いため息。

それでもバットとグローブを手にした途端に意識が覚醒してくる中毒症状。

「ああ、こんな生活がいつまで続くんだろう」
自問自答しながら死んでいった友、 友、友、…
今やもう顔さえ浮かばない。

母さん、ボクのあの野球帽、どうしたでせうね?

ツイッターなんぞを眺めていると、若者たちの危険な声が聞こえます。

「やりてーなー草野球」
「友だちに誘われて初の草野球。楽しみー」
「草野球チーム作りてー」

うわ〜恐ろしい〜。

もう間に合わないかもだけど、いちおう忠告しておくよ。

止めときな、草野球なんぞにはまったら、まともな人生を送れないよ。

草野球の恐るべき実態、少しずつご報告していきます。

8.16.2018

マイクを握った審判の「リクエスト入りました〜」になじめないんですが…



日本プロ野球で今年から導入された「リクエスト」という制度。
微妙な判定の時に実施するビデオ確認の作業のことですね。

テレビにその光景が映るたびに恥ずかしい感覚が押し寄せます。 
おそらく年齢からくるものなのでしょうね。
どうにも自分の体に染み込んでいる「リクエスト」の語感や意味合いが、野球とリンクしないのです。

審判がマイクを持って、「ただいま、阪神タイガースの金本監督からリクエストが入りました」なんて言うと、「あれ? 大阪で生まれた女かな?」などと想像してしまいます。

ちなみにMLBで使われている「チャレンジ」はどうか?

こちら自分の人生では滅多に使わないので、すんなり野球用語として受け入れちゃってます、すいません。


さて…

「ブログを書いてる奴は気持ち悪いな」
なんてブツブツ言いながら、時々書ているのですが、書く頻度を少しあげようかと考えてます。

「なんじゃそれは?」なのですが、なにしろ草野球界は少子高齢化。
若者たちをおだてて、少しでも盛り上げようか… という魂胆です。

産婦人科医の「セーフ」という声を受けて誕生して以来、どっぷりと野球にひたっている我が身。
野球界に恩返し、です。


1995年、オリックス・ブレーブスにダグ・ジェニングスという選手が入団して「DJ」という登録名で出場してましたね。

イチローがすっとぼけて「本当にDJなの?」なんて質問してましたっけ

「へい、DJ、リクエスト。お願い
今なら絶対に使われるギャグ。


未練がましく、日本語でもよかったのにと思います。

「おっと〜、今の判定は微妙」とアナウンサーの絶叫。
すると審判が、金本監督から「サイケンサ」が入りました。
すかざずスタンドの3万人の観衆が「サイケンサ」「サイケンサ」の大合唱。

結果を知った審判がマイクを持つ手を震わせながら…

「アウト〜!」

観衆が「うお〜!!!」

ダメ?

8.08.2018

追加メンバーの登録






<北東> FREEDOM

#13 山口 内野手 左左 26歳

#19 國光 捕手  右右 27歳

5.28.2018

そろそろ6月が始まります




ボールボーイカップR270は4、5月で9試合が完了しました。

順調とは言い切れないものの、まずまずの進行です。

さて今年の梅雨はどうなりますか?
ここ1、2年のようにいきなり猛暑がやってきますかね?

なんとも予断を許しませんが、張り切ってまいりましょう。










4.01.2018

桜、桜、桜。開幕しました

2018-4-1wingbeat


始まりました。
ボールボーイカップR270。

ガス橋緑地。

ファーストゲームは南西エリアの「CUBS 対 WINGBEAT」

ともにエースが故障中で点の取り合い。
激しい打撃戦になりました。

序盤の大量失点を猛追しましたが…


しかし多摩川の土手の上。
のどかなものです。
花見客でタイヘン賑わっていました。

目下、我が国は「好天が続く」という異常気象だそうです。

草野球人なら
「それはありがたいじゃねえか」
「天の恵みだろ」
「異常と決めつけるな」
声を大にして叫びたいところです。

反動が来ないことを祈りつつ、2018年の幕開けです。


2018-4-1cubs

3.19.2018

Round-1の組合せ

1018r-1sw

SouthWestエリア:10チーム(南8、西2)


1018r-1NE

NorthEastエリア:7チーム(東4、北3)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年は2つリーグの戦いとなります。

いろいろ試行錯誤しましたけれども、
やはり最後は「シンプル・イズ・ベスト」だろうということで決定しました。

Round-1での対戦カードは増えますが、
R270をよく知るチームばかりなので円滑に進むでしょう。

気分はもちろん「アメリカンリーグ」と「ナショナルリーグ」ですよ、先輩。

南西エリアの組合せ抽選

2018南西組合せあみだ

お待たせしたんですね。

10チームの反応が早いこと早いこと。

午前3時ごろにメールで告知させていただいたのですが、
あっという間に決まりました。

南西エリアの組み合わせ抽選の「あみだ」です。

このところ、急に暖かくなってきましたからね。
俄然やる気がムクムクと…

さ〜、いよいよ開幕です。

3.15.2018

といいつつ、別案ですよ

2018システム2分割

舌の根も乾かぬうちですよ。

前日の案にさっそくご意見をいただきました。

「なるほど」と思わせる点があり、別案を作成しました。


��分割して、各6試合。

すっきりしていて「いいかも」という気になってます。

参加をペンディングしているチームがあり、まだ微妙ですが、
いずれにせよ、今週いっぱいで決定します。

Round-1、2,3と…

2018システム

今年のボールボーイカップ。
そろそろ開幕ですが、ようやく参加が17チームになりました。

年々、少なくなってきて、ついに20を割りました。

「自分に落ち度があるのでは」と一瞬考えたりするのですが、
「たぶんないだろう」と、「あっても、まいいか」と気を取り直して、
2018年の企画を練ってみました。

しかし、なんとま〜中途半端なチーム数でしょう。
気分はメジャーリーグなのに…

また17チームを従来のシステムに重ねてみるとなんとなくパッとしない。
要は新鮮じゃないんです。
燃えないんです。

チーム数が減ってもなお旧態依然のやり方。

「そりゃないだろ〜、オレとしたことが」ってんで、考えました。
新しいシステム。

こんな感じ…

わかりますか?

大改革ってわけではないですが、これでも結構勇気のいるアレンジです。

面白くなかったら「ゴメン!」ですが、
ま、やってみましょうよ。

3.14.2018

エリア分けの調整中です。

タイトル


かなり温かくなってきました。

気分はそろそろ開幕モードです。

目下、エリア分けを調整中。
数チームに相談を持ちかけています。

しばらくお待ちください。


イチローがマリナーズに復帰しました。
懐かしい時代が戻ったようであり、また、終わりの始まりも感じます。

シアトルでも賛否はあり歓迎ムード一色ではないようですが、
ラストスパートを応援したいと思っています。

2.22.2018

16チームになりました

2018エントリー16チーム目



まさにUEFAチャンピオンズリーグって感じでしょ。


2018ボールボーイカップR270、
なんとか形になってきました。


もちろんまだまだ募集してますよ。

だってMLBは30チームですぜ、旦那。

2.21.2018

リベンジに燃えてます

2017ボード12番

エントリーがありました。

南地区に「ボード」。

昨年はチャンピオンシップの準決勝で惜しくも敗退。
いや、実に悔やまれるのはその負け方。

この展開ですよ。


2017準決勝


ボードさん、申し訳ない、嫌なことを思い出させて…
寝た子を起こして…
傷口に塩をぬって…

わざとらしいですね、ネタにしておいて。

で、そんなわけで、今年はそのリベンジに燃えています、ボード。
それが言いたかった。

この敗退があっての今年です。

ボード、今年は凶暴につき…

要注意!

2.15.2018

バーニー・ウィリアムスはイチローよりもギターがうまい



2014年、ジーターのラストゲームにゲスト出演した、
元ヤンキースのスーパースター、バーニー・ウィリアムス。

イチローがヤンキースに入団したときに51を付けなかったのは、
バーニーに敬意を表して、とか。

MLBを代表する選手でした。
以下は獲得したタイトル。

アメリカンリーグ首位打者:1998年
シルバースラッガー賞:2002年
ゴールドグラブ賞 4回:1997年 - 2000年
オールスターゲーム選出 5回:1997年 - 2001年
アメリカンリーグ優勝決定戦MVP:1996年

現役中にお忍びで札幌にやってきたことがあります。
個人的にガイドをしたのが友人の姉上でした。

帰国後に知らされました。
「彼のこと知ってた? 有名な選手だったみたいね」
「うわお!」

そのバーニー・ウィリアムス、引退後はミュージシャンとして活動しています。


※2015年ごろの記事です。



バーニー・ウィリアムスはイチローよりもギターがうまい



2014年、ジーターのラストゲームにゲスト出演した、
元ヤンキースのスーパースター、バーニー・ウィリアムス。

イチローがヤンキースに入団したときに51を付けなかったのは、
バーニーに敬意を表して、とか。

MLBを代表する選手でした。
以下は獲得したタイトル。

アメリカンリーグ首位打者:1998年
シルバースラッガー賞:2002年
ゴールドグラブ賞 4回:1997年 - 2000年
オールスターゲーム選出 5回:1997年 - 2001年
アメリカンリーグ優勝決定戦MVP:1996年

現役中にお忍びで札幌にやってきたことがあります。
個人的にガイドをしたのが友人の姉上でした。

帰国後に知らされました。
「彼のこと知ってた? 有名な選手だったみたいね」
「うわお!」

そのバーニー・ウィリアムス、引退後はミュージシャンとして活動しています。


※2015年ごろの記事です。



2.13.2018

12チーム目がエントリー

2011guts


2011年のちょっと古い写真で恐縮です。

本日、エントリーしていただいたチームは「Guts」さん。

若さあふれるナイスガイが揃ったチーム、という印象です。
が、それはその頃に感じたもの。

お久しぶりです。
さて、どのようなチームに進化しているのか、いないのか、
お会いするのが楽しみです。

とりあえず、東地区にエントリー。

ガッツのアイコン

1.31.2018

2018年の参加チームを募集開始しました

2018年募集イメージ


昨日、2018年の募集サイトを更新しました。

本日より受付開始です。
みなさま、エントリー、よろしくお願いします。


サイトを更新するやいなやですよ。
いきなり、新規チームからエントリーしていただきました。

「FREEDOM」

フリーダムですよ。
もうね、チーム名がかっこよすぎ。
グッときますね、管理社会でがんじがらめの身としては。

ベテラン選手のチーム退団、老舗チームの解散といった情報も得ていたため、
今年はキビシイだろうと予測していた矢先でした。

うれしいじゃありませんか。
2018年、幸先いいですよ。

年初にも言いましたが、今年はいい年になります。
信じない?

だまされたと思って、あたくしと行動をともにしましょう。
アハハ、ホントにだまされちゃったりして…

チームがなくなろうと、メンバーが足りなくなろうと、
足腰が弱くなろうと、視力が悪くなろうと、彼女にふられようと、
ビットコインで損しようと…

♪そのうちなんとかなるだろう♪ですよ。



1.26.2018

2017年の優勝チーム、本村Hedsが祝勝会 

2018本村heds店前集合

去る1月21日。

2017年のチャンピオンシップ優勝チーム、本村Hedsの祝勝会がありました。

会場は横浜中華街の老舗『広東飯店』。
おなじみですね。
と言っても優勝チームにとってはですが…

この日の本村Hedsはチームのメンバーに家族が加わっての盛り上がり。

こういう時に家族を巻き込むと、後々堂々と野球ができるわけで、うらやましい限りです。
子どもの教育上もよろしいですな。


2018本村heds料理1
2018本村heds料理2


本村Heds(南地区)は初優勝です。

毎年Championshipの上位に食い込んでくる強豪なのですが、これまでここいちばんで成果が出ずにいました。

それが2017年はすいすいと…


いや〜、おめでとうございます。

2018年もきっといいことがあるでしょう。

そう、笑顔に描いてあります。


2018本村heds集合